新住協北海道地区大会in十勝が無事終了しました

3月17日(金)・18日(土)の2日間にわたる新住協北海道地区大会in十勝が無事終了しました。
 
170318kamata.jpg
 
【大会1日目】
17日は午後から十勝支部会員の現場見学会。建築途中や、完成した現場など全部で5ヵ所を回りました。ゼロエネルギーを指向した住宅や、コンパクトで高性能な平屋住宅など、バラエティに富んだ構成で、参加された会員の皆さんは熱心に見学されていました。
170317taghome.jpg
 
170317okamoto.jpg
 
夜は交流懇親会を開きましたが、中には3次会まで進んだメンバーもいて、たいへんな盛り上がりようでした。
 
 
【大会2日目】
18日は朝から夕方近くまでホテルで大会を開催しました。
会場は朝から100名以上が入って満席です。
170318kaijou.jpg
 
最初に(株)芦野組の芦野社長がにこやかに開催あいさつ。
少々眠そうな顔をした参加者もいましたが、さっそくスタートです。
170318ashino.jpg
 
まずは『快適最小住宅 Project Team』から、SUDOホームの須藤芳巳氏が発表しました。
170318sudo.jpg
 
一般マスコミでも報じられている通り、人手不足や資材価格の上昇により、建築費は高騰傾向にあります。さらに政府はCO2排出削減のために、ZEH(ネットゼロエネルギー住宅)のような、より省エネルギー性の高い住宅建設を求めており、さらに建築費を押し上げる一因となっています。
 
一方で、家を建てる消費者の収入は伸び悩んでいます。また、札幌などの都市部では道路に接する幅が9m以下の“狭小間口”の土地が多く、家のプランにいろいろと制約が出てきます。
 
これらのいろいろな問題を解決するために、省エネ性に優れた新住協のQ1.0(キューワン)住宅をコンパクトにした「快適最小住宅」を開発しようと札幌支部内でプロジェクトがスタートしました。
 
平成29年度には、「Q1.0住宅プロトタイプ」と名付けて、会員と鎌田紀彦代表理事が知恵を絞って開発することになっています。
 
札幌支部では、事前にたたき台となる住宅プランやモデルハウスなどを募集しました。
 
募集テーマを「あなたが思う快適最小住宅」と名付け、
○デザイン的に美しい
○内部空間を豊かに(使いやすいプランなど)
○可変性に富む(家族構成の変化等に対応しやすい)
○コンパクトでも一生暮らせる
○将来売るときには高く売れる
という要素を持ったものを札幌支部会員から募集しました。
 
今回は募集作品の中から、(株)三五工務店の青山義孝氏が同社企画住宅「sococo」について発表しました。グッドデザイン賞も受賞した住宅です。
170318sango_aoyama.jpg
  
帯広でも中心市街地では土地面積が50坪前後の準狭小地と言える土地に家が建っているケースが見られるようになりました。
今後は、「北海道支部全体で取り組もう」と会員に呼びかけました。
 
 
次に、コストダウンをテーマにしたパネルディスカッション。
コストダウンは、家をコンパクトにするだけでなく、合理化や生産性の向上といった工夫が必要になると思われています。

パネリストとして、地元・十勝からウッズ建築設計事務所の山口正所長、(株)岡本建設の岡本修専務、(有)水野建設の水野光義社長の合計3名が、住宅建設のコストダウンについて考えを述べました。
170318yamaguti_okamoto_mizuno.jpg
写真右から順に、山口所長、岡本専務、水野社長
 
山口所長は、ツーバイフォー工法の合理性について説明しました。部材の種類が少なく、端材が出にくいこと、床を組み上げてから壁を建てるやり方に合理性があることなどを説明。
 
岡本修専務は、現場には常に1業種の職人しか入れないよう工程管理をきちんとやり、そのことで現場清掃を各業者の責任でやってもらい同社が余分な現場管理費を計上しなくて良いことなどを説明しました。さらには、「短期間で建てることが必ずしもコストダウンにつながらない」日本での大工の雇用形態を説明。むしろ、「1年中仕事がまんべんなくある」ことが結果的にコストダウンにつながると、お客様や職人に協力してもらいながら、年間の建築計画を立てていることを説明しました。
 
水野光義社長は、ツーバイフォー工法の合理性を在来工法に取り入れる工夫について説明しました。
 
170318kamata2.jpg
最後に、司会の鎌田紀彦代表理事が「この問題は今後も継続的に取り組んでいきたい」とまとめました。
 
 
休憩をはさんで、会員からの発表。
 
170318tousyo_saito2.jpg
札幌支部からは、棟晶(株)の斉藤克也常務が「ZEHの先を見すえて」と題し、ZEHに加えて蓄電池を取り入れたモデルハウスについて説明。
 
170318taghome_togashi.jpg
続いて、十勝支部からは(株)髙橋組の富樫洸太氏が「ニアリーZEH現場状況」について説明。
 
170318okamoto_takahashi.jpg
最後に、十勝支部(株)岡本建設の高橋隼人氏が「平成26年度ZEH住宅」について説明しました。いずれもZEH(ゼロエネルギー住宅)の事例で、各社の工夫や建設価格なども公開し、参加者は熱心にメモを取っていました。
 
 
ここで午前の部がようやく終了し、お昼ご飯の時間です。
 
午後からは、鎌田紀彦代表理事からQ1.0住宅についての呼びかけがありました。午前中の発表のまとめなどを行い、さらにQ1.0住宅のデータ取りの新たな方法として、クラウド型HEMS(HEMS=家庭用エネルギーマネジメントシステム)の利用を呼びかけました。
高性能住宅がほんとうに光熱費の低減や省エネに役立っているかは、室内環境や光熱費を継続して測定し、蓄積していくことが大事です。しかし、工務店が年間に建てられる棟数は限られており、ご協力いただけるお客様の数はそんなに多くはありません。
 
そこで、新住協会員が建てた省エネ住宅の室内環境や光熱費データを会員が共有することで一度に数十件ものデータをまとめて見ることができるように、データをHEMSを通じて大手建材メーカーのクラウドサーバーに送り、保管してもらおうという試みです。
 
もちろん、共有されたデータは、協力されるお客様のプライバシーに留意し、厳重に管理する仕組みとなっています。
 
 
170318inoko.jpg
最後に十勝支部支部長である(有)猪子建設の猪子社長が閉会宣言と次期地区大会が函館で行われることを発表し、解散となりました。
 
十勝支部会員は、大会の準備から運営に至るまで忙しい時間を過ごしましたが、多くの参加者が集まったことで充実感もいっぱいでした。
 
また、こうした大会などで得られた情報や、会としての取り組みを元に、よりよい家づくりに励んでいきたいと思います。
 
 

「燃費半分で暮らす家」の増補版が出ました!

170301_shinjukyo8283.jpg
(一社)新住協の鎌田紀彦代表理事が監修して2015年に発売し、みなさまに好評だった「燃費半分で暮らす家」にZEHなど最新情報を書き加えた増補版がこのほど発売されました。
 
2015年4月に発売した「燃費半分で暮らす家」は、高断熱住宅について、Q1.0住宅の取り組み、そして新住協の活動紹介、断熱リフォームなど、四季折々を快適に過ごす省エネな高断熱住宅の基本をわかりやすく説明しています。
 
【燃費半分で暮らす家『増補版』】は、この内容に加えて、□現在、国が進めている省エネ基準の義務化やゼロエネルギー住宅の真実(2項目)□省エネで快適に暮らす住まい手の声を集めた「この家にして本当によかった」(5項目)を、第5章としてまとめ、内容を強化しました。
 
内容はボリュームアップしましたが、価格は据え置きで1,500円+税です。
 
 
なお十勝では、喜久屋書店帯広店(a href="www.blg.co.jp/kikuya/shops/obihiro/)で実物を手にとることが可能です。是非ご覧いただき、お買い求め下さい。
 
また、ネットではAmazon、楽天ブックスなどで購入できます。
Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/4870716062/ref=dp_ob_title_bk
楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/rb/14665613/
 
 
詳しい目次は、画像をクリックすると拡大表示して読むことができます。
170301_nenpihanbun.jpg
 
 

3月に帯広で新住協の北海道地区大会を開催します!

(一社)新住協では、3月17日(金)・18日(土)の2日間、帯広市内で新住協北海道地区大会を開催します。100名以上の会員が全道、あるいは道外からも集まり、十勝支部会員の住宅現場を視察したり、鎌田紀彦代表理事の講義を受けて省エネ住宅について学びを深めるなど、盛りだくさんな内容です。
 
3月17日(金)は午後からバスに分乗して十勝支部会員の4~5ヵ所の現場を回る予定です。また、夜には懇親会も予定しております。
 
3月18日(土)は朝から鎌田紀彦代表理事の基調講演と、会員によるZEH住宅の事例などさまざまな発表を行います。さらに、外部講師による記念講演も予定しております。この日も午後まで大会を開催します。
 
また、会場では推進会員による建設関連資材の展示会も催します。
 
 
この大会の模様は後日、このブログでもご報告します。
 
 

新住協の全国大会に参加しました

160901_6681.jpg 
9月1日と2日、札幌市内で新住協の全国大会がありました。
 
ご存じの通り、8月末は十勝で台風被害があり、特に札幌と十勝を結ぶ大動脈であるJRと国道274号の日勝峠、38号の狩勝峠が大きな被害を受けて通行止め。高速道路も8月31日の時点では占冠-芽室間が通行止めでしたが、懸命の作業で9月1日の朝に復旧。
 
そこで申し込んでいた大半の支部メンバーが参加できました。
 
1日午前中は、会員工務店の施工現場を見学しましたが、札幌までの高速道路が復旧したのがこの日の朝だったため、支部会員は参加できませんでした。
 
午後からは、総会が開かれました。本部の報告として、この1年で新たに52社が入会し、そのうち北海道内だけで10社が加入しました。これにより、全国で737社、北海道だけでも150社の会員数となりました。
 
160901_6689.jpg
また、今年度はQ1.0(キューワン)住宅プロジェクトを引き続き進め、マスター会員制度をQ1.0住宅マスター会員制度に改めるなど、より高性能な住宅が普及する仕組み作りを進めます。また、高性能住宅の施工に必要な建材の開発を建材メーカーと共同研究します。昨年度も実際に新製品が開発されています。
160901_6658.jpg
メーカー出展ブースにも多くの人だかりができました
 
また、会員数の増加などもあり、スタッフ増員の計画や、一般消費者へのQ1.0住宅の普及啓蒙活動なども進めていきます。
 
160901_6758.jpg
その後、代表理事の鎌田紀彦先生が基調講演を行い、真のZEH(ネットゼロエネルギーハウス)の普及や、当会で提唱している新工法の普及に向けてのお話など、もりだくさんの内容でした。
 
このほか、会員からの活動報告など2日間にわたって開かれました。
全国から250名以上が参加し、熱気のこもった大会となりました。
 
今後も質の良い住宅を一般のお客さまの手の届く価格でご提供できるよう、技術研修やコスト低減の情報交換など、幅広い活動を続けていきます。
 
 





定例会で講師を招いて研修を行いました

160721_1516.jpg

報告が遅くなりましたが7月21日、支部の定例会で講師を招いて研修を行いました。
 
160721_1536.jpg
住宅業界紙・北海道住宅新聞社の白井康永編集長に、最近の住宅トレンドやホームページの活用方法についてレクチャーしていただきました。
 
 
160721_1538.jpg
たとえば、国が進めるゼロエネルギー住宅について、家庭内で消費するエネルギーを相殺してゼロにするために設置が必要な「創エネ」は、太陽光発電だけでなく太陽熱利用という選択肢もあることや、インターネットの普及によってマスメディアに頼らずに工務店の良さをアピールできるようになったことなど、ハッと気づかされました。
 
また、白井さんは新住協北海道支部の事務局も担当されており、9月に札幌で開催予定の新住協全国大会についての報告などもしていただきました。
 
 
研修の後は、講師も含めて街中で懇親会。
さまざまな情報交換や、問題意識の共有などができ、有意義な会となりました。
 
新住協の全国大会については、日を改めて報告します。
 
 

Calendar
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
search this site.
tags
archives
others
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11